ササエールへの関心が高まってきています。

  • 2020.02.08 Saturday
  • 09:44

おはようございます。

いぬどころの植杉です。

 

先日からこのブログやSNSでササエールの事を紹介しているのですが、やっぱりお客様の関心は高いですね。

昨今の犬や猫の口腔ケアへの関心の高まりは熱いものがあり、歯ブラシ、ペースト、歯石取り、サプリメントなどたくさんの商品が出てきています。

ササエールも後発ながらその渦の中に投入されたわけで、ササヘルスというしっかり実績のある医薬品が後ろ盾なこともありお客様にも「これはいいんじゃないか?」「今度のは期待してしまう」といった声が上がっています。

 

僕自身もササエールの与えやすさや実績、実験の結果を踏まえて

お客様にお勧めしていきたい商品であると思っています。

 

ぜひぜひ、お試しください。

まずは騙されたと思って。

 

https://inudokoro.net/?pid=148369773

いぬどころのササエール販売のページです。

お待ちしています。

 

コラーゲンを食べることは材料を食べているのと同じ事

  • 2019.10.21 Monday
  • 11:37

こんにちは、いぬどころの植杉です。

 

コラーゲンを食べて、なぜ皮膚疾患が改善するかというと、

 

普段の食事では足りていない栄養素を摂ることができるから!

 

これなんです。

普段のごはんでは足りない栄養がある事に気づいていますか?

栄養が足りないということは体を正常に作ることが出来ないということなんです。

 

例えば本棚を作ろうと思います。

木材、釘、ビス、ボンド、のこぎり、金槌、ヤスリ・・・たくさんの材料や道具が必要です。

犬の体作りにもたくさんの材料や道具が必要になります。

 

どれかが欠けてもそれなりに作ることもできます。

ですが、しっかりとした満足いく出来にはならないかもしれません。

 

この満足ではない部分というのが、犬でいうところの皮膚疾患であったり関節の痛みであったり毛艶や目の輝きだったりします。

コラーゲンを与えることで、犬は犬自身の力で体を作ります。

だから皮膚疾患が改善したりするんです。

 

皮膚疾患や年齢による衰えに不安を感じている飼い主さんはぜひ試してみてください。

何らかの変化が、改善が見られるかもしれません。

 

 

 

JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

コラーゲンのサプリメント 明日も走ろっ

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 23:48

こんばんは。

いぬどころの植杉です。


今日はセラミドコラーゲンに関連するお話。

いま、ペット用サプリメントのなかでグングン売り上げを伸ばしている商品が


ニッピの 明日も走ろっ 


というコラーゲンのサプリメントです。

ニッピと聞いた時点で美容に関心のある女性ならピンと来てると思いますが、

そうです。そのニッピです。

人用のコラーゲンサプリで圧倒的なシェアを持つニッビコラーケン。

品質も効果も素晴らしい実績があります。


そのニッピがペット用に販売しているのが「明日も走ろっ」です。


この商品はなかなかの優れもので、コラーゲンの品質はもちろん人間用と比べても遜色無し。

ニオイの少なさ、溶けやすさ、吸収しやすさなどいろんな面で最高品質のコラーゲンだと思います。


なんでセラミドコラーゲンを販売している当店いぬどころがこんな話をするのかというと、

セラミドコラーゲンとニッビコラーケンには大きな違いがあるからなんです。


その違いとは商品のコンセプトです。


具体的に言うと、ニッビコラーケンはコラーゲンの素晴らしさをしっかりと説明し、どれだけ大切な栄養素なのか、どれだけ不足しているのかを理解してもらい販売数を伸ばしています。


実際にニッピが作った資料はとても分かりやすく、僕が見てもとても良いものだと思いました。

知識のないお客様が見ても理解しやすいため、いぬどころでも実際にその資料を使い説明をして販売させてもらっています。


けど、実は

いぬどころではセラミドコラーゲンの方がはるかにお買い上げいただいているんです。

どれ程かというと


セラミドコラーゲンの方が7倍ほど多く売れています。

これは先月の販売数をもとにした数字ですが。


どうですか?

なかなかすごいことですよ。

同じコラーゲンのサプリメントなのに。


なぜ、この差が生まれるのか?

僕にはわかります。

上にも書いたようにコンセプトが違うんです。


ごめんなさい、時間がないので次の記事に理由を書いていきたいと思います。

またあとで書きます。


ちょっと用事を済ませてきます。

すみません。


皮膚疾患の犬のシャンプーケアを継続するコツ

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 23:38

こんばんは、いぬどころの植杉です。

 

昨日の記事で久しぶりにビートの写真を載せました。

ビートってのは、うちで飼っていた 酷いアレルギー症状のトイプードルです。

とにかく大変でしたがセラミドコラーゲンとの併用でかなりの改善をしたという経緯があります。

 

僕がシャンプーケアを成功させることが出来た経験から、

「どうすれば上手くケアし続けて症状の改善を達成できるのか?」

を綴ってみたいと思います。

 

まず1つ目にはシャンプーの作業をできる限り簡素にすること。

具体的には体の毛をできるだけ短くし、洗う、乾かす時間を短くすることです。

皮膚の状態をしっかり把握するためにも2个3个覆匹梁愎呂鮖箸っ擦刈っておくことです。

見た目なんて気にしない。

今は治療に専念する事が大事です。

 

2つ目には2人以上で協力すること。

1人ではなかなか続けにくいことも、複数の人が協力すれば続けられます。

僕も自分とスタッフさんとで協力して週2回のシャンプーをずっと続けました。

 

3つ目には記録をすること。

やはり変化を実感できればモチベーションアップにつながります。

シャンプーごとに写真を撮ることで、疾患の状態が日々回復していくのをはっきりと感じ取れます。

自分のしていることが成功している、少しづつでも前進していると確認します。

とても大事ですね。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

皮膚疾患の犬に施すシャンプーの大切さ

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 09:20

こんにちは、いぬどころの植杉です。

 

ちょっと懐かしい写真を。

うちのビートの集中シャンプーケア時代です。

 

この頃、セラミドコラーゲンだけでは消しきることが出来なかったかゆみを、何とかして改善してやろうと必死にシャンプーしてました。

週2回以上のシャンプーを義務とし、内面からのセラミドコラーゲン、外面からのセラミドシャンプーを徹底していました。

結果が下の写真です。

この後まだまだ白く変化していくのですが、途中経過ですね。

白くなる理由としては、痒みがなくなったこと。

口でカジカジ掻くことで唾液がつき、毛を染めてしまっていました。

なので、この茶色い毛を白くするまではシャンプーは続けることと決めていました。

 

何も毛がなかったビート。

本当に毛がなく、頭なんてハゲタカのようでした。

セラミドコラーゲンで80%ほど回復したと思います。

100%とまではいかなくても、もっと100%に近付けたいと思っていました。

 

この時期のシャンプーケアで、内面、外面、いろいろな角度からケアを行うことで、より良い状態を作り出せるんだと分かりました。

いまでもお客様にはこのことをお伝えしています。

このシャンプーの頃からもう8年以上経っています。

けど、皮膚疾患の犬は減ることもなく、決定的な改善方法もなく、日本中にたくさんいます。

もちろん、当店のトリミングのお客様にもたくさん。

 

そして、相変わらずセラミドコラーゲンやセラミドシャンプーをお使いのお客様は増え続けていて、感謝のメールもいただけます。

少しでも多くのわんちゃんに知っていただきたいです。

ここにも皮膚疾患を改善するかもしれない方法がありますよー。

もしかしたら、ライフラインシリーズがとても合うかもしれませんよ。

ぜひお試しください。

 

犬の皮膚疾患を改善するサプリメントなどの販売 いぬどころ

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

ビワドッグでやみつき覚悟。に病みつきになった話

  • 2019.06.20 Thursday
  • 10:51

こんにちは、いぬどころの植杉です。

 

昨日は嬉しいことがありました!

いぬどころの実店舗のご近所さんで、これまでにも何度かご来店いただいているお客様があります。

昨日久しぶりにご来店いただいたと思ったら、ほかには目もくれずスッーっとやみつき覚悟。の商品群の前へ。

ささっと「ホースラング」を選んでレジに。

「これが気に入ってなぁ。こないだビワドッグに行ってきた時にこれがでたんさ、それからこれがめっちゃ好きで、ご飯にかけたら残さんと食べるし、サプリメントをあげとるんやけど、サプリメントの上にもこれをかけると皿を綺っ麗ぃぃに舐めるんやわ。」

 

まさしくやみつき覚悟。に病みつき状態。

 

あの調子だと、またホースラングを求めてお買い物に来ていただけそうです。

在庫切らさないようにしっかりしておかないと。

 

セラミドシャンプーに旧と新と売っているのはナゼか?

  • 2019.06.19 Wednesday
  • 08:53

こんばんは。

いぬどころの植杉です。


いぬどころのネットショップではセラミドシャンプーを取り扱ってます。

セラミドシャンプーの発売元はアイレックス。

このシャンプーを作ったのは獣医師の先生。


いぬどころで販売している旧タイプのセラミドシャンプーは初代のもの。

新セラミドシャンプーはそれから3代ほど後のもの。改良を重ねてきたシャンプーです。


なぜいまだに旧シャンプーが売られているのか?

その理由はやさしさからなんです。


シャンプーが世代交代したら効かなくなったというお客様が何件かありました。

せっかく治ってきていた皮膚疾患がシャンプーが変わることで悪化してしまう。これは飼い主さんにとってはとても辛いこと。

それを回避するためにいまでも販売されています。

お客様の小さな声をちゃんと拾ってくれる獣医さんと発売元は素晴らしいと思います。

ミニチュアダックスの皮膚を改善するために。

  • 2019.05.27 Monday
  • 21:50

こんにちは。


いぬどころの植杉です。


昨日は子供の運動会でした。

春の運動会は初めての事だったのですが、とにかく暑かった!

あれこそが本当の雲ひとつ無い青空。

ほぼ風もなく、太陽はじりじり。


大人は大変そうでしたが子供たちは元気でした。子供は強い。



さてさて、今日は


ミニチュアダックスフントの皮膚を改善するにはどうすれば良いか?


について話していきたいと思います。



皮膚のトラブルを解決するにはいくつかのルールがあります。

このルールを守り、日々のケアをすることで快方に向かうはずです。



皮膚の改善の基本はシャンプー。


シャンプーの作業は特別難しいことではありません。

難しいのは続けること。

治ると信じて続けましょう。



その1 飼い主さんの意識が大事


何よりも大事なのは飼い主さんの治してあげたいという気持ち。

これがないと何も始まりません。

情報収集も、手入れの手間も、金銭面も、どれもこれも飼い主さんの気持ちに比例します。

飼い主さんの意識=治る可能性

ということになります。



その2 こまめなシャンプーをする事


シャンプーの重要性はもう誰もが知っていること。シャンプーをする事で過剰な皮脂を落とし、トラブルの原因 例えばハウスダストなどのアレルゲンを落とし、薬用シャンプーならば薬を浸透させ、改善を目指します。


ある程度シャンプーの頻度を高めることでその効果は最大限に達します。



その3 刺激はしない事


シャンプーは皮膚の改善には絶対に必要なのですが、いいことと同時に悪いことも招きます。その悪いこととは「洗いすぎによって皮膚に大切な栄養やバリア成分も洗い流してしまうこと」

これを回避するには「擦らずに洗い上げること」が大事になります。


具体的にどういう作業になるかと言うと、シャンプーを泡立てて塗るようにします。こすってはいけません。


こうすることで皮膚への摩擦による負担を最大限に減らすことかできます。


これらのルールはカサカサ系のトラブルであれ、ベタベタ系のトラブルであれ共通して行えます。


いぬどころで取り扱っているセラミドシャンプーでのお手入れを推奨しますが、かかりつけの獣医さんで処方された薬用シャンプーでも同じことができます。


泡立てて塗ること。


擦らないこと。


マメに続けること。


これらのルールをちゃんと守っていけば良い方向に向かうのではないかと思います。

下のリンクがセラミドシャンプーの販売サイトです。

セラミドシャンプー



春から夏にかけて犬のかゆみが気になる。→その対処法は?

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 23:23

こんばんは、いぬどころの植杉です。

 

今の時期、暖かくなってきて体表面の温度が上がるんでしょうね。

アレルギーやアトピー持ちのわんちゃんたちは痒がることが多くなってきます。

このころから夏にかけて、皮膚の状態はカサカサ→赤み→湿疹→ジュクジュクへと悪化していきます。

掻くことで悪化するという悪循環にハマらないためにはどうするのか?

 

今!

この今の時期、痒みがまだそんなに強くない時期からかゆみを抑えてあげることが大切になってきます。

 

具体的にどうすればいいのか?

効果的なのは犬の皮膚に直接栄養を与え保湿をし保護をするスプレーをまめに定期的に使うこと。

 

ライフライン バリアスプレー

 

 

体表面からのケアをしたならば、内面からのケアもおすすめです。

シロップを食べることで痒みを抑えます。

ライフライン NKDシロップ

ニゲロオリゴ糖という当分は免疫力を安定させ、痒みを抑える効果があります。

 

これら2商品は初めての方でも使いやすく、しかも価格もそれほど高くなく、

わんちゃんのかゆみは気になるけど、何から始めたらいいのか分からない・・・

という方にお勧めの商品です。

 

夏が来てジュクジュクになる前に。

 

お医者さんに行ってもハッキリとした診断がされないわんちゃんに。

 

おうちでのお手軽ケアを。

先手必勝です。

早めの対策を。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

ミニチュアピンシャーの皮膚疾患の改善方法

  • 2019.05.20 Monday
  • 08:49

こんにちは。

いぬどころの植杉です。


今日は

ミニチュアピンシャーの皮膚を改善するにはどうすれば良いか?

について話していきたいと思います。


皮膚のトラブルを解決するにはいくつかのルールがあります。
このルールを守り、日々のケアをすることで快方に向かうはずです。


皮膚の改善の基本はシャンプー。

シャンプーの作業は特別難しいことではありません。
難しいのは続けること。
治ると信じて続けましょう。


その1 飼い主さんの意識が大事

何よりも大事なのは飼い主さんの治してあげたいという気持ち。
これがないと何も始まりません。
情報収集も、手入れの手間も、金銭面も、どれもこれも飼い主さんの気持ちに比例します。
飼い主さんの意識=治る可能性
ということになります。


その2 こまめなシャンプーをする事

シャンプーの重要性はもう誰もが知っていること。シャンプーをする事で過剰な皮脂を落とし、トラブルの原因 例えばハウスダストなどのアレルゲンを落とし、薬用シャンプーならば薬を浸透させ、改善を目指します。

ある程度シャンプーの頻度を高めることでその効果は最大限に達します。


その3 刺激はしない事

シャンプーは皮膚の改善には絶対に必要なのですが、いいことと同時に悪いことも招きます。その悪いこととは「洗いすぎによって皮膚に大切な栄養やバリア成分も洗い流してしまうこと」
これを回避するには「擦らずに洗い上げること」が大事になります。

具体的にどういう作業になるかと言うと、シャンプーを泡立てて塗るようにします。こすってはいけません。

こうすることで皮膚への摩擦による負担を最大限に減らすことかできます。

これらのルールはカサカサ系のトラブルであれ、ベタベタ系のトラブルであれ共通して行えます。

いぬどころで取り扱っているセラミドシャンプーでのお手入れを推奨しますが、かかりつけの獣医さんで処方された薬用シャンプーでも同じことができます。

泡立てて塗ること。

擦らないこと。

マメに続けること。


セラミドシャンプーの販売サイトです。

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM