ドッグフードや犬用サプリメントの通販サイト「いぬどころ」の店長ブログ。お役に立てますでしょうか?
<< ニチドウ プラーククリーンが秀逸! | main | 脂漏症のシーズーがサプリメントでかなり改善した例を紹介します >>
いぬどころは歯のケアをしています
0

    こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

     

    犬の歯石取りを実店舗で始めます。

    と、こんなことをネットショップのブログで話しててもあまり意味ないかもしれませんが、

    ちょいと思いついたので。

     

    犬の歯石を除去することの重要さはずいぶん前から知ってました。

    それは、うちで飼っていたトイプードルのミシェルが15歳で亡くなるまで歯がしっかり残ったこと。

    なぜ歯が残ったかというと、もちろんずっと続けていた歯石取りが良かったんでしょう。

     

    トリミングでご来店いただくお客様を見ても、ほとんどの子が口が臭く、歯石だらけ。

    中には歯ぐきは痩せて歯根部分が見えていたり、膿がたまって顔に穴が開いてしまっていたり。

    とにかく犬の口の中の健康状態は悪いですね。

     

    これまで仕事として歯石取りを承らなかったのは、完璧に歯石を取ることができないからでした。

    獣医さんでしてもらう麻酔で眠らせての歯石取りであれば歯の裏側から歯ぐきの隙間まできっちりと歯石を取ることができます。

    もちろん、獣医さんの技術にもよりますし、熱意にも左右されるでしょうけど。

    そんな施術に比べたら僕らがする歯石取りはぜんぜん歯石を取り切れないんです。

     

    獣医さんでの歯石取りと、トリミング店での歯石取り。

    どちらも良いところと悪いところがあり簡単にどちらが良いとは決めにくいです。

    ただ、すべての歯石を取り切れない僕が施す歯石取りであっても、ミシェルの歯は死ぬまで残っていたという事実があります。

    お客さんに見られるあの悪い環境よりははるかに良い状態でした。

     

    なので、これまでずっと考えていた「完璧な仕事ではないので、お金をいただいてすることはできない」という考え方を変えて、「自分のやり方でも歯を残すことが十分にでき、いぬが健康的に生活できる技術だ」と誇りをもってお客様にサービスすることにしました。

     

    これを決めてから今日で1週間。

    お客様の「犬の口に対する健康意識」の高さは相当なもので、ほとんどのお客様が「気になってたんです」と言われます。

    そして、すでに7件の歯石掃除の依頼をいただきました。

     

    歯の健康はとても大事です。

    口の中だけで済まないですからね。

    早い対処でずっと健康な歯を。

    Posted by : inudokoro | いぬどころからのお知らせ | 22:37 | comments(0) | -
    コメント









    TOP