ドッグフードや犬用サプリメントの通販サイト「いぬどころ」の店長ブログ。お役に立てますでしょうか?
<< 皮膚疾患の犬のためのドッグフードの選び方を考える | main | 人間が食べてもおいしい!?かゆみ止めシロップーー♪ >>
皮膚疾患のわんちゃんのシャンプーに大事なのは保湿力です。
0

    こんにちは、いぬどころ店長の植杉です。

    今日はどういったシャンプーを選べば犬の皮膚の状態が良くなるのかを考えてみたいと思います。

     

    シャンプーとはわんちゃんの体の皮脂や汚れを落とし、清潔さを保ち、より健康的に生活するために必要なものです。

    シャンプーを定期的にすることで病気も防げたりもします。

    いぬどころのようなトリミング店でのシャンプーであればプロのトリマーの手によって体中のチェックをすることもでき、体調の変化や怪我、病気などの早期発見にもつながります。

     

    皮膚疾患のワンちゃんの場合、シャンプーにはどういった意味があるでしょうか?

    この場合シャンプーは治療のひとつの手段になります。

    皮膚疾患の治療には投薬やサプリメントによる治療もありますが、そういった体の内面からの治療ともう一つ、体の表面からの治療がシャンプーになります。

    スプレー式の保湿剤や、塗り薬も体の外側、表面からの治療になりますね。

     

    シャンプー治療はある程度頻度を高めることで効果を発揮します。

    わんちゃんの皮膚疾患の状態にもよりますが1月に2回程度の軽い治療から、2日に1回の過密な治療まであります。

    皮膚疾患のひどい場合、シャンプー治療の頻度はかなり高くなります。

    皮脂を奪いすぎたがために症状が悪化する場合があります。

    シャンプーによる副作用とでもいうのでしょうか、その症状は皮膚のカサカサ、ふけ、かゆみ、脱毛、色素沈着など。

    もともとある皮膚疾患と混じって、もう何が何だかわからない状態になってしまいます。

     

    シャンプーは皮脂を奪い取りすぎないことが大事です。

    シャンプーは擦りすぎないことが大事です。

    シャンプーは保湿力が大事です。

     

    1.シャンプーは皮脂を奪い取りすぎないことが大事です。どうすればよいかというと、シャンプー剤を使いすぎないようにします。

    具体的な対策としては、シャンプーをしっかりと泡立ててから使用する。

    最近の赤ちゃん用のボディソープなどでも泡で出るものがありますね。皮膚にやさしくなります。

     

    2.擦りすぎないこと。

    皮膚疾患を治そうと、皮脂をしっかり落とそうと、飼い主さんやトリマーさんの愛情が深いほどにしっかり洗い擦ります。

    月に1回以上のシャンプーならばこれで何も問題はないのですが、頻度の高いシャンプーの場合、月1のシャンプーと同じようにしていては犬の皮膚は悲鳴を上げます。

    頻度の高いシャンプーの方法は、シャンプー剤を泡立てそれを体に塗る。以上!擦ったりしてはだめです。泡を塗るだけ。

    それだけで十分です。

    飼い主様は「いつものように洗えていない」と物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、それでいいのです。

    頻度の高いシャンプーですから、今日60%の汚れを落とし、汚れを残してしまったとしても次回にはその残り汚れの大半を落とすことができます。

    これを繰り返すことで、こすらないシャンプーであっても十分にきれいな犬の状態にできます。

     

    3.シャンプーには保湿力が大事です。

    頻度を高めてシャンプーすることで、どうしても皮膚はカサカサしていきます。

    これを防ぐためにシャンプー剤は保湿力の高いものを選びます。

    洗浄力の弱いものを選んでもよいのですが、汚れが落ちないようでは治療がうまくいかないかもしれません。

    汚れ落ちと保湿力、皮膚へのやさしさのバランスが大事です。

    この時おすすめなのがセラミドシャンプーです。

     

     

     

    JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

    Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 22:48 | comments(0) | -
    コメント









    TOP