ドッグフードや犬用サプリメントの通販サイト「いぬどころ」の店長ブログ。お役に立てますでしょうか?
<< 犬が犬として自然であることの大切さ。アレルギー治療 | main | アレルギーは ”対処” するしか方法がないのか? >>
犬の食事、必要なものが足りないのか?有害なものを与えてしまっているのか?
0

    こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

     

    昨日、アレルギー持ちの柴犬ちゃんのシャンプーをさせてもらいました。

    帰りに飼い主さんと話をしていたのですが、やはりアレルギーの治療って難しいですね。

     

    昨日の柴犬ちゃんの症状は、内股の色素沈着。真っ黒でした。耳の色素沈着。目の周りの薄毛と目やに、涙の過多。全身からの皮脂が多く異臭とネチネチの手触り。

     

    飼い主さんもずっと獣医さんに通っていて、獣医さんでアレルギー専用食 低分子なんちゃらってのを食べていて、常にステロイドを投薬しているという事でした。アレルギーを抑えるという高価な薬に変えたこともあったようですが、それほど変化は見られずという事で やはりステロイドに落ち着いているようです。

     

    わんちゃんに起こっている体の異変。

    食物アレルギー物質を食べてしまうことによるアレルギー症状なのか?

    →獣医さんのフードを食べているのであればもっと症状が軽くても良いように思う。あまり効果がないのか?それとも食物アレルギーが原因ではないのか?

     

    体に必要な栄養が足りてないのでは?

    →ドッグフードでは摂ることのできないコラーゲンなどのアミノ酸が足りない?腸の調子が良くなくて 食べたものをちゃんと消化吸収できてないのか?

     

    食べてはいけないものを食べてしまっているのか?

    食べなくてはいけないものが足りていないのか?

     

    どっちなんだろう???

     

    飼い主さんと話をしていても、もちろん答えは出るはずもなく、コラーゲンの事を伝え、変化がないのなら新たな治療や対処をしてみては?とお話ししました。

    獣医さんとも相談してみます と、飼い主さんはおっしゃってました。

     

    やっぱり何とかしてストレスのないカユミのない生活をさせてあげたいですよね。

    今のやり方で今以上の改善が見込めないのであれば、新しい手段を見つけるしかないですよね。

     

    何とか綺麗にしてあげたい。

    とてもおとなしい柴犬ちゃんでした。

     

     

    JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

    Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 00:29 | comments(0) | -
    コメント









    TOP