ドッグフードや犬用サプリメントの通販サイト「いぬどころ」の店長ブログ。お役に立てますでしょうか?
ケイ素の細胞活性作用に注目して、犬のアレルギー治療に役立てる
0

    こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

     

    今日もケイ素のお話です。

    人間用のサプリメントとして注目が高まってきているケイ素。

    究極の美容サプリメントの実力は素晴らしく、美意識の高い方はすでに始めていますね。

     

    このサプリメントを犬用としても販売しています。

    もちろん人間用と同じものですし、人間用としても品質の高い水溶性濃縮ケイ素(非結晶性)のものです。

     

    ペット用ケイ素サプリメント シリー・K

     

    ケイ素の細胞活性作用に注目してアレルギーの改善に役立たせようという事です。

    もちろん、発売元はアレルギーに特化した考え方はしていないと思いますが、いぬどころはアレルギーに悩む飼い主様のお役に立てるよう新しい商品を探していますので、ケイ素もアレルギーに対してどうなんだろうという見方と考え方でいきたいと思います。

     

    サプリメントの説明にこうあります。

     

    ◎細胞活性…細胞核に直接エネルギーを入核し、細胞を活性化。

     

    細胞を直接元気にしてくれるんですね。

    アレルギーで弱ってしまっている細胞を活性させて内面からの改善を試みます。

     

    使い方は・・・

     

    食品に混ぜて食べる。

    犬や猫のペットならば一日当たり10滴程度。

     

    シャンプーに混ぜる。

    体の外から直接的に改善を試みます。

     

    人間での改善例ですが、顔にできるシミにケイ素を直接塗っているとしみが薄くなり消えることがあります。

    弱っている部分に直接働きかけてくれるんですね。

     

     

    ケイ素で皮膚疾患の改善をしてみませんか?

    新しいサプリメント。

    新しい何かを期待して初めて見るのも良いのではないでしょうか?

     

     

    JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

    Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 23:26 | comments(0) | -
    セラミドコラーゲンはどういった症状に使うと良いのかをご紹介します。
    0

      こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

       

      今日はセラミドコラーゲンはどのような時に使うと良いのかをご紹介したいと思います。

       

      セラミドコラーゲンは、保湿をサポートするセラミドと再生をサポートするコラーゲン、それに腸を元気にする乳酸菌が入ったマルチサプリメントです。

      どの成分も犬のアレルギー治療においては有効なものですが、これらを最適な配合になるように獣医師が監修して作ったのがセラミドコラーゲンです。

       

      ただコラーゲンを食べるよりもセラミドコラーゲンを食べるほうが相乗効果もあり良いのではないかと思います。

       

      愛犬のためにかなりのデータを集め研究している飼い主様にはかなわないかもしれませんが、飼い主様がこれまでの経験を元にいろいろなサプリメントを組み合わせている事よりも、もしかしたらセラミドコラーゲンの方が効果的かもしれません。

       

      それほどセラミドコラーゲンには感謝してますし、信頼もしています。

      アレルギーやアトピーだと診断されて薬用シャンプー、ステロイド、注射などの治療をしているが、

      一向に回復を感じない、改善しているのだろうか?と悩める飼い主さんとわんちゃんに一度お試しいただきたいと思います。

       

      もし獣医さんの治療の効果に満足を感じており、今の状態をキープできるだけでもいいんだ。

      以前の強いカユミの事を思えば今なんてかなり楽になった。というように感じておられるのならそれが良いと思います。

      飼い主様の納得が最優先されると思います。

       

      もし、獣医さんの治療の効果に満足できず、もっと善くなるんじゃないんだろうか?本当に治療は合っているのだろうか?と疑問を感じているようならセラミドコラーゲンを試してみませんか?

      副作用の少ないサプリメントでわんちゃんに負担をかけずに改善を目指してみませんか?

       

      うちの犬も、いぬどころのリピーターのお客様も、たくさんの犬が薬を止め、サプリメントだけで改善されて、よい状態をキープしています。

      少しでも多くの方にセラミドコラーゲンを知っていただきたい。

      少しでも多くのわんちゃんが痒みから解放されてほしい。

       

      僕はそう願っています。

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

      Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 23:07 | comments(0) | -
      ケイ素サプリメントをペットにも。
      0

        こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

         

        今日もケイ素サプリメントのお話です。

         

        ケイ素をご存知ですか?

        近年人間用の美容サプリメントとして日本で人気が上がってきています。

        海外ではビタミン剤ほどの知名度で、各家庭に当たり前のように常備されているそうです。

         

        ケイ素とは・・・

         

        体内(細胞、血管、臓器、骨、皮膚、毛髪、爪など)の隅々に含まれており、体にうるおいを与えている美のミネラルです。

         

        というものだそうです。

        ケイ素を摂る事で体中が綺麗になりそうな気がしませんか?

         

        当店で販売しているセラミドコラーゲン。

        これにはコラーゲンがたっぷり入っています。

        もちろんこれだけでも効果はしっかりと出ているのですが、

         

        いい情報が一つ!

        コラーゲン同士を結合する働きをするのがケイ素なのです。

        なので、コラーゲンばかりを摂取していても、今一つコラーゲンを使いきれてないかもしれないんですね。

        ケイ素を摂る事でセラミドコラーゲンから摂取したコラーゲンを最もよい状態で有効に活用できるんです。

         

        ぜひ、セラミドコラーゲンとケイ素サプリメントを併用していただいて、よりよい体を作ってみませんか?

        改善が加速するかもしれない、可能性を高めるサプリメントが登場です。

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

        Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 23:16 | comments(0) | -
        ケイ素サプリメントを愛犬にも与えたいと思いますよね?ありますよ!ペット向けのケイ素サプリメント!
        0

          こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

           

          ケイ素を利用している方がこのブログを見に来てくれたのなら僕の狙い通りです。

          愛犬にも素晴らしいケイ素を与えてみたいと思って見に来てくれたんですよね。

           

          ありますよ、愛犬にも与えることのできるケイ素サプリメント。

          しかも水溶性のケイ素です。

          こういうのを探してました!という声が聞こえてきそうですね。

           

           

           

          高純度水溶性濃縮珪素 シリー・ケイ ケイ素サプリメント

           

           

          犬に限らず、猫ちゃんにも使っていただけます。

          本物のケイ素サプリメントをお試しください。

           

           

          JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

          Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 22:26 | comments(0) | -
          コラーゲンをつなぐ役割をするケイ素。次世代のサプリメントです
          0

            こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

             

            今日は新しい商品をご紹介したいと思います。

             

            高純度水溶性濃縮珪素 シリー・ケイ

             

            という、ケイ素サプリメントです。

            ケイ素とは野菜などから摂る事ができる、体にとってとても重要な栄養成分なのですが、生活習慣病がどうのこうのと言われるニンゲンでさえ不足していると言われているもので、ペットであればもちろん不足しています。

            ヨーロッパではだれもが知っている、誰もが摂取したいサプリメントとしてメジャーな存在らしいのですが、日本ではまだあまり世間に広まっておらず浸透していません。

             

            そのうちテレビで取り上げられてドーンと人気のサプリメントになってしまうんでしょう。

            そんな重要な栄養をを人が知る前に使ってみませんか?

             

            ケイ素は体内でコラーゲンを結合する役割を持っています。

            ケイ素が不足するとせっかく摂取したコラーゲンが無駄になってしまいます。

             

            逆に言うと、ケイ素を摂ることでコラーゲンがとても効率よく働いてくれるというわけです。

            ならば・・・

             

            セラミドコラーゲンと合わせてケイ素を摂ることは、とっても重要で効率的に皮膚疾患を改善できると思いませんか!?

             

            という事で、いぬどころではケイ素のサプリメントを販売します。

            もちろんこのサプリメントは人間用のもので、高品質な水溶性のケイ素です。

            これをペット向けに販売した商品です。

             

            これは久しぶりに犬のアレルギー治療に新しい風が吹き込んできた!そんな感じでワクワクしてます!

             

             

            JUGEMテーマ:犬のご飯・おやつ

            Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 22:45 | comments(0) | -
            セラミドコラーゲンとステロイド剤の違いを分かりやすく解説
            0

              こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

               

              今日はセラミドコラーゲンとステロイド剤の違いを分かりやすくお話ししたいと思います。

              ざっくりと。

              分かりやすく。

               

               

              まず。

               

              セラミドコラーゲンはサプリメント。

              ステロイド剤は薬。

               

               

               

              それぞれの目的。

               

              セラミドコラーゲンの目的は栄養の補給をする。

              ステロイド剤の目的は治療をする。

               

               

               

              効き方のイメージ。

               

              セラミドコラーゲンは、犬が体を治すのに必要な栄養や 体を治すための材料をふんだんに与えることによって、犬が本来持っている体を治す力をサポートするもの。

              ステロイド剤は、犬が体を治すための機能を薬の力で、犬が本来持っている能力以上の力を発揮させるもの。

               

               

               

              副作用。

               

              セラミドコラーゲンには、副作用はほぼない。

              ステロイド剤には、副作用がある。

               

               

               

              ざっくりと、こんな感じだと思います。

              僕はどちらも使います。

              犬の皮膚の症状が悪くかゆみなどが強くつらい場合には、ステロイドを短期的に使って一気に皮膚の状態を改善させます。

              ある程度症状が落ち着いたらセラミドコラーゲンで状態を維持するようにします。

               

              どちらにも長所があります。

              使い方を考えて用法容量などを守れば良い結果が待っていると思います。

               

              JUGEMテーマ:犬のご飯・おやつ

               

              Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 23:13 | comments(0) | -
              アレルギーの犬がシャンプーをする理由はなにか。
              0

                こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

                 

                今日はアレルギーの犬がシャンプーをする意味について。です。

                 

                アレルギーの犬がシャンプーをする理由はいくつかあります。

                 

                まずは、皮膚を清潔にすること。

                犬は本来の犬として生きていたらシャンプーなんてする事はありません。

                ならシャンプーする必要ないでしょうという方もあるでしょうが、シャンプーは清潔に健康的に生きるためには必要なものです。

                人間も体洗わなければ、ふろに入らなければ何らかのトラブルが起こるでしょう。同じことです。

                アレルギーの症状を改善するためには皮膚を清潔に。

                第一歩です。

                 

                次には皮膚の上のアレルゲンを洗い流すこと。

                犬のアレルギーには接触性のアレルギーもあります。

                花粉やダニなどがその一例。

                これらを洗い流すことでアレルギー症状を軽くできます。

                 

                3つ目に薬用シャンプーで薬を浸透させること。

                これはシャンプー剤が薬用であった場合の話ですが、皮膚疾患を治すために薬が効果的です。

                上に挙げた2つの効果とともに薬が入ることでより改善が進みます。

                 

                アレルギーの犬にはシャンプーケアが必要です。

                いぬどころのセラミドシャンプーであれば、定期的なシャンプーケアであっても保湿力が高いため、洗いすぎによる皮膚トラブルの危険性は低くなります。

                ぜひお試しください。

                 

                あと、何か疑問などがありましたらご相談ください。

                お待ちしています。

                 

                 

                JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

                Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 23:27 | comments(0) | -
                食物アレルギーを起こす犬の特徴
                0

                  こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

                   

                  今日も食物アレルギーについてのお話。

                  食物アレルギーを起こす犬の特徴というのがあるのでは?という考え方があります。

                   

                  まずは犬種ですね。

                  トリマー歴も20年を超え、たくさんの犬を見てきました。

                  本当に20年前にはアレルギーって聞かなかったんですよね。本当に稀な病気だったように思います。

                  ところが今は当たり前の病気。お客様の半数ぐらいが何らかのアレルギーを持っているような感じもします。

                   

                  皮膚疾患を持つ犬種としては

                  シーズー

                  柴犬

                  フレンチブル

                  ウェスティ

                   

                  このあたりでしょうか?

                  プードルもかなりの数を見かけますが、これは絶対数が多いので何とも言いにくいところがありますね。

                   

                  上記の犬種は特に皮膚トラブルが多いように思いますが、それ以外の犬種でもあちこちで見られます。

                  もう、犬種とかの壁はないような感じもします。

                  だとすると、何かほかに原因が?

                  環境?食事?

                  毎日体に影響をするこれらに原因がありそうですね。

                   

                  食物アレルギーは、食材に対して免疫異常を起こすアレルギー。

                  食材が悪いのか?食材の質が悪いのか?調理法が悪いのか?同じものを与え続ける事が悪いのか?

                  なぜ悪いのか?

                   

                   

                   

                   

                   

                  分かりません。

                  あらゆる対処をして治ることのないアレルギーと向き合っていくしかありません。

                  アレルギーは非常に治りにくい。

                   

                  これだけは分っている事実ですね。

                   

                  いぬどころではサプリメント、シャンプーなど内面からと外面からのケアをサポートします。

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

                  Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 01:40 | comments(0) | -
                  アレルギーは ”対処” するしか方法がないのか?
                  0

                    こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

                     

                    アレルギーの事を考えれば考えるほど分からなくなってきます。

                     

                    いま、獣医さんがアレルギーの治療として主にしていることは、ドッグフードをアレルギー対応のものに変える事、ステロイドなどの炎症を抑える薬を使う事、免疫抑制などの薬を使う事、シャンプーをする事、サプリメントを使う事。

                    こんな感じでしょうか。

                     

                    どれもこれもアレルギーという病気本体を消すことはできないものですよね?

                    あくまで 体に起こっている症状に対してそれらを軽減する方法。

                     

                    まだまだ勉強不足なんだと思いますが、やっぱりわからない問題。

                     

                    根本的にアレルギーを治すという事はできるのでしょうか?

                     

                    アレルギーは結局自分の体の免疫反応。

                    免疫が勘違いをしてしまうことで、皮膚疾患などが起こる。

                     

                    アレルギーを治すという事は、免疫の勘違いを治すという事。

                    例えば、「小麦は異物ではないですよ」と体に気づかせてあげる事。

                    これは、上に挙げたどの治療方法でもないです。

                     

                    アレルギーが治ることはあるようですが、

                    アレルギーをコントロールして治すことはできるのか?

                     

                    やっぱり、難しいことです。

                     

                    乳酸菌などで免疫力を上げたとします。

                    免疫力が上がれば、アレルギーは改善するのか?

                    それとも、免疫力が上がったことで ”免疫の勘違い” も増強されてしまうのか?

                     

                    乳酸菌で起こる効果が ”免疫を正しい方向に導く” であれば、アレルギーは治りそうですね。

                    体の中の免疫を正しい方向に導くことは可能なのか?

                    その方法は見つかっているのか?

                     

                    人間の花粉症も

                    治ったという人には会ったことがありますが、

                    治療して治したという人には会ったことが無いです。

                     

                    結局、今のところアレルギーには対処しかない。

                    アレルゲンを知り、避ける。

                    発症した症状は薬やシャンプーで軽減する。

                     

                    なんか、

                    難しすぎる問題に立ち向かっていて、

                    こんなのを相手にしていて

                    自分なんかに何かできるのか?

                    僕はサプリやシャンプーを研究するような素晴らしい人ではない。

                    偉い方々の研究した結果生まれた商品を販売するだけの人。

                     

                    それでも、伝えていかないと

                    助かる犬が増えない。

                    アレルギーは治せなくても

                    痒みを軽くすることはできる。

                    痒みで眠れない夜が減ったと、お客さんから喜びのメールを頂くこともある。

                     

                    アレルギー、難しいなぁ。

                     

                     

                     

                    JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

                    Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 00:55 | comments(0) | -
                    犬の食事、必要なものが足りないのか?有害なものを与えてしまっているのか?
                    0

                      こんばんは、いぬどころ店長の植杉です。

                       

                      昨日、アレルギー持ちの柴犬ちゃんのシャンプーをさせてもらいました。

                      帰りに飼い主さんと話をしていたのですが、やはりアレルギーの治療って難しいですね。

                       

                      昨日の柴犬ちゃんの症状は、内股の色素沈着。真っ黒でした。耳の色素沈着。目の周りの薄毛と目やに、涙の過多。全身からの皮脂が多く異臭とネチネチの手触り。

                       

                      飼い主さんもずっと獣医さんに通っていて、獣医さんでアレルギー専用食 低分子なんちゃらってのを食べていて、常にステロイドを投薬しているという事でした。アレルギーを抑えるという高価な薬に変えたこともあったようですが、それほど変化は見られずという事で やはりステロイドに落ち着いているようです。

                       

                      わんちゃんに起こっている体の異変。

                      食物アレルギー物質を食べてしまうことによるアレルギー症状なのか?

                      →獣医さんのフードを食べているのであればもっと症状が軽くても良いように思う。あまり効果がないのか?それとも食物アレルギーが原因ではないのか?

                       

                      体に必要な栄養が足りてないのでは?

                      →ドッグフードでは摂ることのできないコラーゲンなどのアミノ酸が足りない?腸の調子が良くなくて 食べたものをちゃんと消化吸収できてないのか?

                       

                      食べてはいけないものを食べてしまっているのか?

                      食べなくてはいけないものが足りていないのか?

                       

                      どっちなんだろう???

                       

                      飼い主さんと話をしていても、もちろん答えは出るはずもなく、コラーゲンの事を伝え、変化がないのなら新たな治療や対処をしてみては?とお話ししました。

                      獣医さんとも相談してみます と、飼い主さんはおっしゃってました。

                       

                      やっぱり何とかしてストレスのないカユミのない生活をさせてあげたいですよね。

                      今のやり方で今以上の改善が見込めないのであれば、新しい手段を見つけるしかないですよね。

                       

                      何とか綺麗にしてあげたい。

                      とてもおとなしい柴犬ちゃんでした。

                       

                       

                      JUGEMテーマ:犬のアレルギー治療

                      Posted by : inudokoro | いぬどころ店長日記 | 00:29 | comments(0) | -
                      TOP